病院で体質改善のための不妊治療を~健康カラダ育成プログラム~

種類を知る

看護師

不妊治療を受ける前には治療の種類についてよく理解しておく必要があります。また、どれぐらいの金額が必要になるのかどんな人なら治療を受けることができるのか学んでおきましょう。

詳細を確認する

検査をして治療をする

自分にあった治療法を選択する

看護師

不妊治療といってもたくさんの方法がある。簡単な検査からちょっと面倒くさい検査までいろいろある。不妊治療中にはさまざまな女性疾患が見つかったりするので、医療保険に加入しておくことをオススメする。 ・タイミング法 基礎体温などにより排卵日を予想し、夫婦関係を持つことである。 ・排卵誘発 排卵が起こらなかったり状態がよくない場合、排卵を促す薬を使う。飲み薬と注射がある。 ・人工授精 人工授精とは排卵日にあわせて精子を採取し人工的に子宮の中へ精子をおくる方法である。 ・体外受精 卵子を取りだして受精させ、受精卵を子宮に戻す方法である。 その他、いろいろな治療法がある。 初めて病院に行くと問診がある。内容は生理の周期、妊娠、流産などの有無だが、家族であっても知られることはないので安心である。

医療保険に入っていると安心

不妊治療をしている女性は、誘発剤などで卵巣が腫れると入院することがある。1泊の入院で約1万円はかかる。また流産などで手術、入院が必要になった場合も保険に加入していれば安心である。 体外受精の医療費は保険がきかないので20〜50万程度かかる。また注射の種類や回数によって変わってくる。 人工授精はバーコール法が主流で費用は1回あたり1万円前後で、痛みも少ない。 不妊症は、まだ未知の部分が多いとされている。患者は不妊原因の治療が1番の目的ではなく、妊娠・出産が目的である。それぞれの検査は何のためにするのか、どんな方法で進めるか、病院選び、医師との信頼関係など、本人だけでなく周囲の人も不妊治療について正しい知識を身につけることが大切である。

負担を減らす

医者

不妊治療は保険が適用されないので、費用についてしっかりチェックしておく必要があります。しかしそんな場合であっても負担を減らす方法はあるのでそうすると良いのか学んでおきましょう。

詳細を確認する

保険医加入しておく

医者

民間保険を利用することによって、不妊治療に掛かる費用を抑えることが出来ます。治療に必要な金額をカバーしてくれるので、経済的な負担なく赤ちゃんを授かるための準備ができます。

詳細を確認する